雨漏りドクター・長野地区担当|横沢学(よこさわ まなぶ)

雨漏りドクター・長野地区担当
横沢学(よこさわ まなぶ)

【持っている主な資格】

・基幹技能者
・一級建築板金技能士
・職業訓練指導員

雨漏り修理の資格【建築板金基幹技能者】とは

一般の建築板金の業者にとって、一番難しい資格となります。
まずこの資格を取得するのに必要な物が5つあります。

以上5つの資格をもっている必要があります。 この中で一番むずかしいのが一級技能士で、 一級技能士の資格を取るにあたって、最低7年の経験が必要になります。 さらに、 ☆建築板金工事の施工現場で10年以上の現場施工に従事している ☆3年以上職長経験をしている という条件を満たさなければなりません。 どちらにしても、最低10年の経験と 一級技能士を取る技術がなければ取れない資格であり、 2015年10月1日現在で、全国で2865名が、この資格を有しています。 板金業に携わる業者は、板金組合に加盟しているものが1万業者ちょっと、 で全業者の3分の1程度が加盟していると言われているので、 全部で3万業者程度が板金業に携わっており、 1社平均5名程度だとすると、 全部で15万名程度が板金業の仕事をしているということになります。 そのうち3000名程度が基幹技能者の資格を持っているということなので、 板金業に就業しているものの2%程度がこの資格を持っていると考えて良いと思います。

登録基幹技能者とは

もともと、現場をまとめ、効率的に作業をすすめるための資格であり、 特に、大手工務店、建設会社等の下請けに入る場合には、 その現場の管理的な役割を担う人材となります。 それだけ大きな現場での調整等を行うような者なので、 一般住宅等の工事の調整等は、余裕を持って行うことが出来、 さらに、必ず技術的な資格も有していますから、 板金関係を扱う場合には、この資格を持っていれば、 どんなものを任せたとしても安心だと言えるでしょう。

【させていただいている仕事】

関東甲信越板金工業組合協議会 青年部 幹事

【この仕事を始めたきっかけ】

幼い頃から父親の手伝いはしていましたが、自分がこの仕事に就こうとは全く思っていま­せんでした。高校卒業後、建築
関係の会社に就職して設計の方の仕事をしていたんです。そこで仕事をしながら、家業の­板金屋のことがやはり気になってはいました。
その会社に4年間勤めた時、あるきっかけがありまして、家業を継ぐことになったんです­。すぐに家を手伝いのではなく、まずは5年間他の会社で修行をさせて頂くことになりました。

転職をし、板金屋の仕事を始めたときの話ですが­、これまでは工場の中で図面を書いていましたが、いきなり外での仕事に変わり戸惑いま­した。最初に足場に上った時のことですが、一段上っただけで随分と怖い思いをしまして­、自分は高いところは無理なのではないかと感じたほどでした。
しかし人間は慣れるもので、毎日必要に迫られ上っているうちに大丈夫になりました。
最初の数年は、言われたことをただこなすだけの仕事が続きましたが、最後の頃には、現­場を任せて頂けるようになりました。大体3年くらい経ってからですね。その間、訓練所にも週に一度通わせて頂いて­いまして、ハサミの使い方等の基本的なことや図面の書き方等々も教わることができました。
この修行時代、何度も辞めたいと思いましたが、他へ移るとまた一からやり直すことにな­りますし、何よりも自分で家業を継ぐことを決心しましたので、なんとか頑張りました。
修行時代を終え、実家に戻り家の手伝いからスタートしたのですが、修行時代の板金屋は­大きい会社で、お客様も法人が多かったんです。ところが実家に戻るとほとんどが個人のお客様相手の仕事でしたので、­そこでまた随分と戸惑いました。
しかしこのままただ続けていては良くないと考え、自分が修行時代に勉強したことを生か­すことが出来る法人相手の仕事も少しずつ増やしていくようにしていきました。

雨漏りのこと、屋根の事に関してお悩み事がありましたら、
どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。

【お客様が安心出来る見積もり】

大体A4の紙3~4枚位で現状の報告書、こういう所が原因で雨漏りしていると言うのを画像と言葉で、お客様にお見積書と一緒に提出いたします。そこで気持ちが伝わればって事と原因が特定出来ていると言う事をお客様に説明する事であんしんして頂けます。

Q.雨漏りの原因が見つかっていないのに施工する事はありますか?
A.無いですね、まず、見つかるまで契約しません。お客様の立場に立つという事はそういう事だと思います。その為に我々が必要とされていてそれに対してお答えする関係性だと思っています。

【雨漏りでお困りの方へ】

我々板金業で雨漏りを止める集団という事で、弊社に頼んで頂ければ必ず雨漏れを見つけます。

雨の侵入口、どこから漏れているのか分かるのでどこから雨水が入っているのか、そのルートまで見つけます。それを徹底的に止めるという仕事も致します。
私に頼んで頂ければどんな雨漏りでも止めます。

【動画にてお話しさせていただきました】

これは、長野県担当の横沢に相談があった事例です。
中古の別荘を買われる際に、雨漏りがあるので、雨漏りをなおしてから引き渡すということで、別荘を買われたそうです。買ってから1ヶ月の間は、何かあれば保証するということだったのですが、雨漏りが発覚したのが購入してから半年後。天井裏に横沢が入ってみると、天井裏に入った水をビニールで受けて、そこにホースを付けてあり、落ちた水を壁の外の方に流すようにしてありました。ということは、雨漏りをきちんとなおしてあるわけではなく、あくまで、応急処置で中古住宅を売った!というふうに感じます。売り逃げですね。買ってから半年経っていましたので、購入された方は泣く泣く、自費で修理するしかありませんでした。こんなこともありますので、中古住宅を購入する場合には、きちんと確認をして購入するようにしてくださいね。

【板金修行時代の話】

【板金業者の父を見て】

【狭くて施工が大変な現場】

【専門家の集まり、青年部】

【雑な施工は雨漏りしやすい】

【住宅の施工の際に気をつけていることは?】

【屋根の施工に使う道具】

【銅板の屋根施工】

【施工不良による雨漏り】

【屋根業者が使う機械】

無料調査・無料お見積もり

散水試験での調査

散水試験とは、雨漏りがしていると思われる箇所に水をかけて原因を突き止める調査方法です。
一見簡単そうに見えますが、雨漏りは原因特定がとても難しく、水のかける順番など、知識がないと原因を特定することが出来ません。
原因が分からないとなると直すことは出来ないので、しっかりと知識を持った業者に頼む必要があります。

ドローンを使用した調査

弊社では、国土交通省からの許可書に加え、民間の資格も保有しております。
現在では、ドローンを使っての調査も多くなりました。細かい箇所まで拡大して見ることができ、実際に登ることがないので、既存の屋根を痛める心配がなく、また調査員が屋根から落下する危険性もないので普及してきている調査方法です。実際に、調査時間も抑えられる調査方法になります。

適性価格でのご提案

よく下請け・元請けという言葉を聞きますが、当社では他業者を介して工事を行わない為、中間マージンが発生することはありません。
屋根雨漏りのお医者さんに在籍するスタッフは雨漏り修理の専門家なので、適切な工事のみを行います!
なので、無駄な費用はかかりません。
在籍するスタッフは、雨漏り修理の経験年数、施工実績が圧倒的に多い為、雨漏りのパターンを熟知しております。

工事にかかる価格や時間を最大限カットし、安くなる提案・将来を考えた適切なプランを提供致します。

安心できる保証があります

最長10年の保証をつけています

施工内容によって異なりますが、最長10年の保証をつけています。
施工した範囲からの再発・施工した範囲が原因の雨漏りを保証します。
※一部施工内容によっては保証がつかない施工もございます。
分からない事がありましたら、その都度担当者にご確認下さい。