雨漏りドクター・栃木地区担当|臼井進(うすい すすむ)

雨漏りドクター・栃木地区担当
臼井進(うすい すすむ)

雨漏り修理の仕事に ついた理由

動画再生

私が家業を継いだきっかけは、結局父の存在ですね。
物心付いた時から父の働く姿を見てきたので、いざ­進路を決めるって時は、親を捨てるのか、それとも自分が好きな事をやるのかと究極の選択でした。

当初は不動産会社に就こうと決めていました。高校を卒業後、2年間高専に通いましたが就職することなく、父を労りたいという思いから、跡を継ぐことを決意しまし­た。

その代わり、若い頃は結構わがままをさせてもらっていました(笑)。

父親はかなり前に他界したのですが…とにかく働く父で、朝4時半に起きて夜の1­0時までずっと働いていました。
そして1年間365日のうちで休みは、お盆と年末とお正月のみ。
そのため、私が幼かったときは父と何か一緒に遊んだりしたという記憶は全くないです­ね。
今思うと、良く働く父だったなぁ〜と思いますね。
そういう働く父の姿を、私は幼少時代から見てきたので父の跡を継ぐ気は全くなかった­んですが、最終的には継ぐことを決めました。

私は仕事をきっちりとやる代わりに、遊びもしっかりやるという考えでした。
毎日、朝帰りは当たり前でした。ですが仕事に支障をきたすような遊び方はしませんでし­た。
昔から負けず嫌いで、やるからにはやるという信念を持ってたんです。そういう気持ちで取り組んでましたので、仕事は若い頃からしっかりとこなしましたし、同世代の人たちよりも仕事を覚えるのが早か­ったと思います。

持っている主な資格

・基幹技能者
・一級建築板金技能士
・一級建築士
・屋根外装調査士
・宅地建物取引士

一級建築士

宅地建物取引士

お客様の予算の中で直せる 範囲の提案

この仕事での面白い所は、昔は技術を覚えて作業が効率良く出来た!今回は綺麗に仕上がった、お金も稼げた、そう言ったところに面白味を感じていました。今は53歳になってお客様のご要望に要望以上のお答えを出来た時とお客様に『ありがとう』と言ってもらえた時が嬉しいです。
言葉がなくても満足してもらっていたら雰囲気で分かります。それを感じ取れた時が今の幸せになっていますね。

お客様の予算は大体先にお伺いします。その中で直せる範囲のご提案をします、ただここまでしか出来ないということもお伝えします。
お客様の人生設計にまでお話を聞かせていただくこともあります。
お客様の年齢やご家族の後世によって、今住まれている家にこれから何年間住むのか、どういう生活をする予定なのかを聞きます。
例えば、お子様が中学生、高校生になります、進学のお金もかかります、でもこの家にこれから先、長く住みたいですと言われた場合、そのために今後いくらお金を費やしますか?というお話にまで突っ込まさせていただくこともあります。

その際にはリフォームローン等、お客様に最適なプランを提案させていただきます。

動画再生

お客様があんしん出来る お見積もり

大体A4の紙3~4枚位で現状の報告書、こういう所が原因で雨漏りしていると言うのを画像と言葉で、お客様にお見積書と一緒に提出いたします。そこで気持ちが伝わればって事と原因が特定出来ていると言う事をお客様に説明する事であんしんして頂けます。

Q.雨漏りの原因が見つかっていないのに施工する事はありますか?
A.無いですね、まず、見つかるまで契約しません。お客様の立場に立つという事はそういう事だと思います。その為に我々が必要とされていてそれに対してお答えする関係性だと思っています。

雨漏りでお困りの方に向けて

我々、板金業という雨漏りを止める集団という事で、弊社に頼んで頂ければ必ず雨漏れを見つけます。

雨漏りを修理する業者さんは数多くいると思うんですが、仮に私どもが依頼をお受けして­お客様を訪問する場合には、まずは症状をみて、そこから判断をします。
基本的には、雨­漏りしている場所の真上が漏水の原因となるのですが、実はそうではない場合もかなり多­いんです。
私どもは、常日頃、屋根や外壁にいかにして水が浸入しないかに注意して作業をしていま­すので、屋根や壁のどこから水が入ってしまったのか予想を付ける事ができるのです。

例えば、天井裏に上がって真上を見て、シミがあるのかないのかではなく雨が入り込­む可能性のある所を探すのです。
そこで何点かのポイントをおさえた上で、屋根に上がるのです。

私どもは雨に対する知識と、雨が入ってくる様々なケースに関する知識を数多く持ち合わせています­ので、雨漏りの原因を突き止めて、必ず止める技術を持っています。

雨漏りを直すのは当たり前なのですが、実は雨が漏る事以外にも怖い事が色々とあるんのです。
一番怖いのは漏電による火災です。

私どもは単に雨漏りを直すだけでなく、雨漏りが原因となる様々な問題についてもお客­様へご説明し、その対応策について色々とご提案をさせていただいております。

屋根・壁・雨漏りの事に関しては誰にも負けない技術・知識・豊富な経験を­持っています。
些細な事でも構いませんので、お困りの際は安心してご相談下さい。

雨の侵入口、どこから漏れているのか分かるのでどこから雨水が入っているのか、そのルートまで見つけます。
それを徹底的に止めるという仕事も致します。
私に頼んで頂ければどんな雨漏りでも止めます。

栃木県臼井のページはこちらから→栃木県の雨漏り修理

動画再生

最初の電話対応っていうのは基本的には、30分以内には必ず行おうという気持ちであります。その後、お客様とある程度お話をしてから決めますが、基本的には1週間以内で考えております。

動画再生

簡単に言いますと鈑金屋根は金属の層、金属材によって浸水を防げるということです。
瓦の場合ですと基本的には経年とともに瓦のジョイントというものが開いてきますので、瓦の下にある防水紙というもので防いでいます。
ですので、瓦の表面が劣化していないと思っても、瓦をめくってみると防水紙に穴が空いていたりすることが多々あります。
瓦の場合は基本的に防水紙で雨を止めます。金属屋根というのは金属の表面で雨を止めます。

外壁からの雨漏りの原因

一番多い原因は、外壁のつなぎのコーキングが切れてそこから雨水が入ってくるとか、モルタルのクラップから雨水が入ってくるって原因が一番多いですね。

Q.雨漏りは素人の方でも直せる?
A.それはプロに見てもらわないと原因が分からないと思いますし、素人の方では直せないと思いますね。

Q.では、雨漏りしたら素人の方はいじらない方がいい?
A.そうですね。逆に手を出しちゃうと、それを剥がしてからになる場合がありますので、まずは業者を呼んでいただいて原因を探るのが一番かなと思います。

ベランダからの雨漏りの原因

例えば住宅ですと、後付けのベランダっていうのがアルミのでありますけども、その下地を取り付ける際に外壁に穴を開けて、そこから中の木下地にビスなりで止めるんですけど、それがきちんとコーキングなりを充填して施工していないと、そこから漏水したりということもあるので、その辺が意外にいわゆるアルミ屋さんというかベランダを取り付ける方が気を使ってやらないと雨漏りしてしまうという原因が多いですね。

ちょっとの雨漏りでも
放置しないほうがいい?

既に室内に雨漏りが確認できたりですとか、雨が降った際に天井が滲んできたですとか確実に確認できる場合は、できるだけすぐに雨漏りの修繕はした方がいいです。
あまり放って置くとどんどん家の中に雨水が入ってきてしまうので、例えば今だったら10万円で済む工事が2.3ヶ月放置したら、それが50万円かかる工事になってしまうケースもあるので、雨漏りが確認できたらできるだけすぐに専門の業者に依頼していただいた方がいいです。

雨漏り修理業者の選び方

雨漏りしている箇所って、屋根・壁・ベランダとか色々あると思うんですけども、まず一番大事なのが雨漏りしている箇所を、資格を持って調査できる人なのかということです。

屋根外装調査士、雨漏り診断士など色々な資格がありますが、そのような資格を持っているうえで、実際に屋根の施工だったり外壁の施工にその人は携わった経験があるのかが大変重要だと思います。

実際に営業の人が、仕事目線でとにかく仕事を取っていくというようなこともあります。
そして、実際にちゃんとした職人さんに診てもらったら相当見当違いだったこともよくあります。

実際、資格だけでは治りません。
資格を持ったうえで、雨漏りの原因となる箇所を特定できる、または特定できない際は特定するために水かけをして、きちんと原因の箇所をお客さんに確認してもらったうえでお話をするのなど、お客さんの立場になって診断できる人にお願いするのが良いと思います。

お支払いの件でも、普通のリフォーム屋さんとかは契約時にいくらとか、そういう契約なんでしょうけども、実際にうちなんかインターネット上で雨漏りという特定の分野でお客さんにお問い合わせいただいていますので、雨漏りを止めてなんぼの仕事だと思うんです。

「治っても治らなくても一応やってみたよ」ということでなく、私どもは雨漏りが止まって初めて確認していただいて、初めて工事金額をいただくそれまでは一切頂かない、という気持ちでやっています。

まれに、ものすごい金額になってしまったとかそういうケースは別にして、ほとんどの雨漏りは私のほうで、そういった形で責任をもってお仕事させていただいているのが現状です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

雨漏り修理業者選びのポイント
その1 資格を持っている
その2 屋根や壁の施工の実績があるかどうか
その3 お客さんが雨漏りしている原因を確認できる業者
その4 雨漏りが止まらないとお金をもらわない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のポイントを加味して頼むと良いのではないかと思います。
私のところに頼まないとしても、雨漏りの調査だとか見積もりは無料なので、選択肢を増やすという意味で一度呼ぶだけは呼んでもらったほうが良いと思います。間違いなく、お客さんのお役に立つお話ができると思います。

どなたに頼んでもらっても構わないと思うんですけど、一度呼んでもらって話をさせてもらった上で、いろんな業者から選ばれたら良いのではないかと思います。

動画再生

私本人の将来の夢なんですが、今53歳なんですよ。私はあと10年一生懸命この仕事をやるつもりです。
そのあとは、山小屋などの自然に関わるものに携わろうと思っています。
今は環境問題を抱えるものが、かなりありますので、山・林から日本の環境を変えようかなと漠然とした夢、目標はあります。
そこで我々ができる建築全般を入れた上で、環境商材をうまく自分のノウハウを活かして、山からいただくノウハウを社員で入れてってことを、ちょっと大きい枠での目標はあります。

動画再生

雨漏りを直す仕事ということで、技術・経験は必要だと思うんですよね。で、ケースバイケースだと思うんですけど3~5年がスタートじゃないかなと思ういます。で、10年いけばある程度は分かってくるのかなと思います。
雨漏りを直すプロセスの中には、業者によってプロセスが変わってくると思うんですよね。自分が描くプロセスというのは、どちらかというと専門的なプロセスは半分ないくらいです。
私が持論として思っているのが、「人として」ってことなんですよね。
お客様も人、私も人で、お困りがあるからお問い合わせがあるということで、困ってらっしゃるってことを前提で親身になって対応するってことが6~7割りだと思ってます。
人の気持ちになると。お客様の痛みを分かって、それに対するお答えをするっていうところからじゃないと雨漏り修理をするご提案は、私はできないと思ってます。

施工実績を一部ご紹介

・王子製紙(株)宇都宮工場 屋根改修・ポルシェセンター宇都宮店新築工事・日光金谷ホテル・ベルギー大使館別荘・ブリヂストンテストコース内倉庫 新築工事・MINI宇都宮店新築工事・休暇村改修工事・下野市立石橋中学校・宇都宮市立若松原中学校技工室屋根改修工事・下野警察署石橋駅前交番庁舎 新築工事・宇都宮市立岡本西小学校・イタリア大使館新築・改修工事・石橋幼稚園遊戯室改修工事・ミニストップ針ヶ谷店新築工事・創業百年蕎麦屋・三本松茶屋・星の宿・ヴィラ・リバージュ・日光湯元温泉 紫雲荘・野ばら幼稚園・星宮神社・星野珈琲宇都宮店・栃交自動車学校・下野市コミュニティFMスタジオ・むつみ愛泉幼稚園・石橋高校・SUBARU 宇都宮製作所50周年記念施設新築工事・葛西臨海公園・スギ薬局板橋店・下野警察署新築工事・下野警察署石橋駅前派出所新築工事など

栃木県全域に対応可能

日本全域にお伺い致します。

宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、河内郡上三川町、芳賀郡益子町、芳賀郡茂木町、芳賀郡市貝町、芳賀郡芳賀町、下都賀郡壬生町、下都賀郡野木町、塩谷郡塩谷町、塩谷郡高根沢町、那須郡那須町、那須郡那珂川町。

栃木県人口:1,942,313