雨漏りドクター・岩手地区担当|佐々木完(ささき たもつ)

雨漏りドクター・岩手地区担当
佐々木完(ささき たもつ)

【持っている主な資格】

・二級建築板金技能士

【過去の実績】

JR雫石駅/JR二戸駅新幹線整備基地/JA紫波葬祭センター/JA石鳥谷三日掘倉庫
その他、基本的には一般住宅の屋根や雨漏りの施工をさせて頂いており、26年で1000件の実績がこざいます。

【させていただいている仕事】

元全国板金工業組合青年部 東北ブロック部長
元岩手県板金工業組合青年部 部長
元岩手県板金工業組合 花巻支部 青年部部長

【この仕事を始めたきっかけ】

多分、小学生のときです。
いつも屋根の上で遊んでいました(笑)。
今みたいにゲームなんかありませんでしたし、木登りしたりして遊んでいました。
この仕事に就くきっかけは、親戚が板金屋さんを福島県でやっていまして、そこに丁稚奉公に行ったのが最初です。
17歳のときでした。
その当時は、何もわからなくて楽しかったですね。
段々と友達も出来ました。

人生の転機は、多分、高校を辞めて、この仕事を始めたときだと思います。
高校を辞めた理由は、早く仕事がしたいと思ったからです。
その後、色々と寄り道はしましたが、最終的にこの仕事に就いています。
その時、学校を辞めていなければ、つまらない男になっていたと思います(笑)。
辞めた後、いろいろな経験をしましたので、仕事にしても仕事以外でもどんなことでも対応ができるようになったと思います。

昔からやらないで後悔するのだけは嫌なんです。仕事を覚えるまでは、やはり怒られましたし、つらいこともありました。
しかし楽しいことの方が多かったですね。
仕事を覚えてくると、仕事自体がだんだんと楽しくなってきました。
忙しいときは夜中の12時頃まで残業もしましたが、苦になりませんでした。

雨漏りのこと、屋根の事に関してお悩み事がありましたら、
どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。

【佐々木完について】

【趣味】

最近ゴルフを始めました。あとは車いじりです。軽トラをちょこちょこいじってます。

【子供の頃の夢】

消防士。すごくかっこよく見えたから。

【動画にてお話しさせていただきました】

【自宅の杉の木が隣の倉庫に倒れ、雨漏り!】

強風で、自宅の庭に経っていた杉の木の防風林が、隣の古い倉庫に倒れこんでしまい、それが原因で倉庫に雨漏りが起こってしまいました。
自宅に倒れていれば、火災保険の対象になるところなのですが、隣の倉庫に倒れてしまったため、火災保険を使用することは出来ず、木が植えてあったお宅が、修理代をかぶらざるを得なかったという案件です。

もし、腐り始めていたり、ちょっと危ないな、と思うような木がお庭に立っていましたら、こういったこともあるということを心に留めておいていただき、対処をしていくことをお勧めいたします。

このケースでは、中の鉄骨まで曲がっていたので、それを交換し、新しいスレートで屋根を葺きました。

【雪害による雨樋の破損事例等】

こちらは築15年の大型雨樋がついている物件です。
雪の重みに耐えられず金具ごと破損してしまっています。このように雪の多いところでは向かない作りもあります。

インタビュアー:本来はどうすべきなんでしょうか?

もう少し小さめの雨樋をつけるべきでした。今回は床もコンクリですし、水のみを受けるようなものがいいと思います。今回は量がたくさん受けられるものなので雪が積もってしまい良く無かったです。結果的に雪が積もり金具が破損しまったのですね。

こちらは、写真の様に凍って縦の雨樋が割れてしましました。そのためこれを外しました。壊れる原因は、古くなっているというのもあります。

このようになるまでの期間はどのくらいですか?

今回はプラスチックです。鉄より弱いので凍ると割れてしまうことがあります。その点鉄はさびるだけなので凍ると鉄のが強いです。
10年超えると割れる可能性が高まるのがやっぱりプラスチックですね。

【雪止めの取り付け不良】

こちらの物件は築30年ぐらいの物件雪止めの位置が悪く、軒先が折れている物件です。

インタビュアー:雪止めの位置が悪いとはどういうことですか?

写真に大きな梁があり、折れてるところは壁が上がっています。上がっているところに折れているところは大きな張りがあって、この部分が上になければこの部分もしくはそのうえで雪が止まらないと折れてしまします。
施工ミスということもあり得えます。

インタビュアー:本来は施工屋がちゃんとやってないかもしれないということですか?

絶対ではないです。
築何十年と長いので閉め方が悪いと雪の重みでさがったかもしれないです。年月の経過が原因かもしれないです。

無料調査・無料お見積もり

散水試験での調査

散水試験とは、雨漏りがしていると思われる箇所に水をかけて原因を突き止める調査方法です。
一見簡単そうに見えますが、雨漏りは原因特定がとても難しく、水のかける順番など、知識がないと原因を特定することが出来ません。
原因が分からないとなると直すことは出来ないので、しっかりと知識を持った業者に頼む必要があります。

ドローンを使用した調査

弊社では、国土交通省からの許可書に加え、民間の資格も保有しております。
現在では、ドローンを使っての調査も多くなりました。細かい箇所まで拡大して見ることができ、実際に登ることがないので、既存の屋根を痛める心配がなく、また調査員が屋根から落下する危険性もないので普及してきている調査方法です。実際に、調査時間も抑えられる調査方法になります。

適性価格でのご提案

よく下請け・元請けという言葉を聞きますが、当社では他業者を介して工事を行わない為、中間マージンが発生することはありません。
屋根雨漏りのお医者さんに在籍するスタッフは雨漏り修理の専門家なので、適切な工事のみを行います!
なので、無駄な費用はかかりません。
在籍するスタッフは、雨漏り修理の経験年数、施工実績が圧倒的に多い為、雨漏りのパターンを熟知しております。

工事にかかる価格や時間を最大限カットし、安くなる提案・将来を考えた適切なプランを提供致します。

安心できる保証があります

最長10年の保証をつけています

施工内容によって異なりますが、最長10年の保証をつけています。
施工した範囲からの再発・施工した範囲が原因の雨漏りを保証します。
※一部施工内容によっては保証がつかない施工もございます。
分からない事がありましたら、その都度担当者にご確認下さい。