雨漏りドクター・佐賀地区担当|平野一広(ひらの かずひろ)

雨漏りドクター・佐賀地区担当
平野 一広(ひらの かずひろ)

【持っている主な資格】

・基幹技能士
・一級建築板金技能士
・屋根外装調査士

雨漏り修理の資格【建築板金基幹技能者】とは

一般の建築板金の業者にとって、一番難しい資格となります。
まずこの資格を取得するのに必要な物が5つあります。

以上5つの資格をもっている必要があります。 この中で一番むずかしいのが一級技能士で、 一級技能士の資格を取るにあたって、最低7年の経験が必要になります。 さらに、 ☆建築板金工事の施工現場で10年以上の現場施工に従事している ☆3年以上職長経験をしている という条件を満たさなければなりません。 どちらにしても、最低10年の経験と 一級技能士を取る技術がなければ取れない資格であり、 2015年10月1日現在で、全国で2865名が、この資格を有しています。 板金業に携わる業者は、板金組合に加盟しているものが1万業者ちょっと、 で全業者の3分の1程度が加盟していると言われているので、 全部で3万業者程度が板金業に携わっており、 1社平均5名程度だとすると、 全部で15万名程度が板金業の仕事をしているということになります。 そのうち3000名程度が基幹技能者の資格を持っているということなので、 板金業に就業しているものの2%程度がこの資格を持っていると考えて良いと思います。

登録基幹技能者とは

もともと、現場をまとめ、効率的に作業をすすめるための資格であり、 特に、大手工務店、建設会社等の下請けに入る場合には、 その現場の管理的な役割を担う人材となります。 それだけ大きな現場での調整等を行うような者なので、 一般住宅等の工事の調整等は、余裕を持って行うことが出来、 さらに、必ず技術的な資格も有していますから、 板金関係を扱う場合には、この資格を持っていれば、 どんなものを任せたとしても安心だと言えるでしょう。

【過去の実績】

(有)松尾電機 事務所板金工事/吉野ヶ里公園 公園板金工事/塩田町内 公園板金工事/浜玉町海岸 案内板柱銅板巻/八幡宮 板金修理工事/東与賀中学校 板金工事/塩田中学校 板金修理工事/大和塗装(株)社屋板金工事/鰻屋 店舗板金工事/ヒラノ(株) 社屋板金工事/嬉野町内公園板金工事/祐仙 店舗板金工事etc…

38年で8000件以上の実績がこざいます。

【この仕事を始めたきっかけ】

昭和44年頃ですかね、まだ中学校を卒業する前だと思います。
たまたま、知り合いのところにアルバイトに行ったのが始まりです。
それからずっと、この仕事を行なっています。
やってみると面白く、中には誰にでも出来る仕事もありますが、簡単には出来ない事­もたくさんありました。私は手に職をつけるのが夢でしたので、この仕事にのめり込んでしまい、そのまま弟子入りをしたんです。
もう数十年も前の話ですが、それからずっと雨漏り修理の仕事に携わっています。

当時は自転車に乗って、親方の仕事場について回ってばかりでした。
昔はデコボコ道だったので、自転車に積んでいる仕事道具を途中で落としてしまって、そ­のまま忘れてしまいました(笑)。
探しに行っても、結局見つからず、「道具は一番大事だ!」ということで、親方から叱られたりもしました(笑)
朝は、5時半に起きて、まずは掃除から始まるんです。それが毎日でした。
今では懐かしい思い出です。

そのような経験を経て、他の方には負けない、屋根や雨漏­りに関する知識、豊富な経験を得ることができたと思っています。
もし、屋根の事、雨漏りの事でお困りの際には、是非、ご相談を頂ければ幸いです。

【平野 一広について】

【ニックネーム】

昔から「かずちん」と呼ばれていました。

【特技】

親指が直角に曲がります。

【趣味】

昔はボディービルダーをやっていました。そのせいで胸がはりすぎて、狭いところで仕事をしようと入って行ったら、挟まれて抜けなくなり、困ったことがあります( 笑)。

【子供の頃の夢】

お米を作る人。休みの時はよく田んぼ仕事をさせられました。今でもやっています。

【動画にてお話しさせていただきました】

【火災保険で雨漏り修理した事例】

【応急処置】

【資格について】

【雨漏り修理業者の選び方】

【この仕事で一番困った事】

【弟子入り当時の話】

【珍しい工事について】

【アパートの壁の改修】

今回修理を行った部分は、築25年のアパートの外壁です。

サイディング(外装材)が大変痛んでおり、危険な状態でした。
そのため、様々な施工法を熟考した結果、階段周りを屋根に使う材料で施工しました。

外壁のサイディングが雨漏りの影響で限界に来ていたため、塗装ができず、屋根カバー工法と呼ばれる上から屋根で覆う方法で、補強する形になりました。

【コロニアル屋根の錆び】

今回雨漏り修理を行ったのは、築25年のコロニアル屋根の住宅です。

コロニアル屋根の中心部分が錆び、雨漏りの原因となっていました。
その為、錆びが他に移らないように屋根にテープをし、中心部分の取り替え作業を始めました。
足場を作る必要がありましたが、お客様の予算内に費用を抑える為にロープを使って施工を行いました。

今回は予算の関係上、今後最低10年程度保たせる施工を行いましたが
築25年のコロニアル屋根の為、今後も修理を行う必要があると思います。

【スレート屋根】

今回雨漏り修理を行ったのは、築25年以上だと思われるスレート屋根の薬局屋さんです。

スレート屋根の一部にヒビが入っていて、そこから雨が入ってきていました。
地盤の影響で、スレート屋根にズレが起こりヒビが入ったと思われます。

電線を敷いた地盤周辺は、住宅にズレが起きる場合が多くあります。
そして、そのズレに対応できない住宅にはヒビが入ってしまいます。
地盤以外にも、台風などの自然災害によりスレート屋根にヒビが入ること考えられます。

また、スレート屋根にはアスベストが含まれており、処分するにはお金がかかってしまいます。
今回は費用を予算内に収めるために、カバー工法という屋根を上から補強する施工法を行いました。

【セメント瓦の雨漏り】

今回屋根修理を行ったのは、築50年のセメント瓦です。

雨漏りは起こしていませんでしたが、非常に傷んでいたため、葺き替えを行いました。
また、想像より老朽化が進んでいたため、垂木を補修しながら、野地板まで全部外しました。

最終的に、下地から屋根材まで全て変えることになり
新しい葺いた屋根材には、石州瓦という瓦を用いました。

石州瓦は、昔から「石州モノは、凍てに強く、水を通さない」と語り継がれてきた非常に丈夫な瓦でオススメです。

【陶器瓦の屋根】

今回雨漏り修理を行ったのは、陶器瓦屋根の住宅です。
銅板の腐食が原因となって、雨漏りが発生していました。

野地板やルーフィングまでもが雨漏りの影響でひどく傷んでいました。
特に、野地板は放置しておくとシロアリが発生しうるくらいボロボロでした。
雨漏りを防ぐために、ゴムアスルーフィングを敷きました。

しっかりとした屋根修理を行うには、準備がとても大切です。
現場で効率的に作業するために、事前に部品を組み立てておきます。
また、屋根修理は天気によって左右されてしまうので、天気予報を確認することも重要です。

【壁から雨漏り】

【壁の腐食による雨漏りの修理】

【天井裏での雨漏り】

【石州瓦で銅板屋根】

無料調査・無料お見積もり

散水試験での調査

散水試験とは、雨漏りがしていると思われる箇所に水をかけて原因を突き止める調査方法です。
一見簡単そうに見えますが、雨漏りは原因特定がとても難しく、水のかける順番など、知識がないと原因を特定することが出来ません。
原因が分からないとなると直すことは出来ないので、しっかりと知識を持った業者に頼む必要があります。

ドローンを使用した調査

弊社では、国土交通省からの許可書に加え、民間の資格も保有しております。
現在では、ドローンを使っての調査も多くなりました。細かい箇所まで拡大して見ることができ、実際に登ることがないので、既存の屋根を痛める心配がなく、また調査員が屋根から落下する危険性もないので普及してきている調査方法です。実際に、調査時間も抑えられる調査方法になります。

適性価格でのご提案

よく下請け・元請けという言葉を聞きますが、当社では他業者を介して工事を行わない為、中間マージンが発生することはありません。
屋根雨漏りのお医者さんに在籍するスタッフは雨漏り修理の専門家なので、適切な工事のみを行います!
なので、無駄な費用はかかりません。
在籍するスタッフは、雨漏り修理の経験年数、施工実績が圧倒的に多い為、雨漏りのパターンを熟知しております。

工事にかかる価格や時間を最大限カットし、安くなる提案・将来を考えた適切なプランを提供致します。

安心できる保証があります

最長10年の保証をつけています

施工内容によって異なりますが、最長10年の保証をつけています。
施工した範囲からの再発・施工した範囲が原因の雨漏りを保証します。
※一部施工内容によっては保証がつかない施工もございます。
分からない事がありましたら、その都度担当者にご確認下さい。