雨漏りが再発!一度直したのに治らない理由

雨漏りの再発でお悩みではありませんか?せっかく雨漏りを治したのに、また雨漏りが再発した…。なんてことはよくある話です。実際、屋根雨漏りのお医者さんに、お問い合わせいただく案件も台風シーズンを除けば、約半分もの案件が雨漏りの再発というもので、雨漏りの再発というのは非常に多いです。雨漏りの修理費用は決して安い物ではないため、一回の修理で治したいものですよね。この記事では、なぜ雨漏りが再発するのか、その理由と再発させないための対策について解説いたします。

目次

雨漏りが再発する原因は?

雨漏りが再発してしまう理由として主に、雨漏りの原因箇所が特定できていない・修理方法にミスがあるなどといった人為的なミスが原因であることが多いです。雨漏りを何度も繰り返してしまうと、大事なお家はカビや木部の腐食でボロボロになってしまいます。また何度も何度も修理を繰り返してしまうと高額な費用となってしまうため、しっかり原因を特定してから雨漏りを治してくれる業者に依頼する必要があります。

雨漏りが再発する原因

雨漏りの原因が特定できていない場合

雨漏りを修理する際に一番大事なことは、雨漏りの原因を特定することです。ですが雨漏りの原因特定はプロでも非常に難しく、ましてや目視だけで分かるような簡単な原因は数少ないケースなのです。その理由は、原因が一箇所だけではなく複数であったり、雨漏りしている真上や反対側で発生しているような単純な原因だけではないからです。
雨漏りの原因を特定するには、主に以下の調査方法があります。

・目視調査
・散水調査
・発光液調査
・赤外線調査

①目視調査

この調査は、あらかじめ雨漏りしている箇所を予測し、疑いがある箇所を目で確認する調査方法になります。この方法は、長年雨漏り修理を経験しているプロだからできる技です。ですが、先ほども言った通り雨漏りの原因は単純なものばかりではないので、しっかりと散水等の調査を行って原因を確実に突き止めてもらいましょう。

②散水調査

散水調査とは、雨漏りの原因と思われる箇所に水をかけ、雨漏りを再現して原因を突き止める方法です。複雑な原因でも、水をかける順番を変えたりすることで特定でき、雨漏り修理のプロが散水試験を行うことで高確率で原因を特定できる方法になります。

③発光液調査

発光塗料を混ぜた専用の検査液を、雨漏りしている箇所に流し込み、内側から紫外線を当て、発光させることによって特定する方法です。散水調査の後に行うことが多く、原因箇所が複数の場合などに使用されます。発光液は、建築材や人体に影響はないので安心です。

④赤外線調査

赤外線調査とは、漏水の疑いがある箇所を高感度赤外線カメラで撮影し、撮影した箇所の温度差で原因を見つける方法になります。基本的に熱を測定する機器なので散水調査の後に行う場合が多いです。

以上、上記の①〜④が主な雨漏りの調査方法になります。

修理方法にミスがある場合

中には、簡単な工事しかできない業者もいます。そのため、簡単な補修工事だけを行い全然治らないというケースも少なくありません。また、業者を選ぶ際に価格の安さや、しっかり調査もしないで見積もりを出す業者を選んでしまうと、雨漏りの再発リスクが高くなります。手抜き工事や、技術のない職人の修理により、雨漏りが止まるどころか悪化してしまうケースも少なくありません。例えば、コーキング剤を間違った箇所に使用してしまったがために、雨水の逃げ道が失われ雨漏りの再発のきっかけになってしまったり、屋根だけを直し屋根の下にある防水シートを直しておらず雨漏りが再発してしまったというケースがあります。なので、雨漏りした際は、きちんとした業者に依頼する必要があります。

雨漏り修理業者の選び方

雨漏りした際に一番大事なことは、優良な雨漏り修理業者を選ぶことです。ここで、よくない業者に当たってしまうと、高額な費用を払うだけではなく、雨漏りが治らず悪化してしまうケースもありますので慎重に業者を選ぶことが大事です。この後、雨漏り修理の優良業者と悪徳業者のポイントについて分けて解説いたしますので、業者選びの際は参考にしてみてください。

雨漏り修理の優良業者の特徴

雨漏り修理をしっかり行ってくれる業者は、調査の段階で散水調査等を使用ししっかり原因を突き止めてから、お見積もりを出し、お見積もりの内容も各項目ごとに細く記載しています。また、雨漏りの原因や工事の説明も分かりやすく行い、お客さんの質問に対しても親切に納得がいくまで教えてくれます。

優良業者の特徴としては以下のポイントになります。
・雨漏り修理をした実績がある
・修理に必要な資格を持っている
・保証などのアフターケアまでしてくれる
・現地調査をしっかり行い原因を突き止めている
・お見積もりをしっかり調査を行ってから出している
・お見積もりの内容が細かく書かれている
・分かりやすく説明してくれる
・質問にしっかり答えてくれる
・お客さんの話をしっかり聞いてくれる

以上が、優良業者の特徴になります。
ですが、やっぱり最終的に選ぶ基準は担当者の人柄になります。雨漏り修理は人が行うものであり、ましてや家に業者が入るわけですので、しっかり話を聞いて、親切に説明してくれる、信用できる方を選ぶといいでしょう。

悪徳業者の特徴

特徴の一つとして、訪問販売があります。一概に訪問販売の全てが悪いという訳ではないのですが、無料で屋根調査を行いますと言って屋根に上がろうとしてきたり、火災保険を使っての修理が出来ますと言って工事に持ち込もうとしてきます。中には、屋根の上であたかも最初から壊れてたように屋根材を壊し、その箇所を見せて工事を勧めるケースもあります。なので訪問販売や、価格の安さだけでお願いするのではなく、ご自身でしっかり調べた業者にお願いすることをオススメいたします。

その他のよくない業者の特徴としては以下のような特徴があります。
・どこよりも安く工事できると謳っている
・調査の際にろくに屋根に登らず見積もりを出す
・お見積もりの内容が一括りになっていて細く詳細が分からない
・質問の答えが曖昧
・すぐに葺き替え工事など高額な施工を勧めてくる
・雨漏りの原因の説明が曖昧
・大幅な値引きをしてくる
・高額な修理方法しか提案してこない
・見積書が手書き
・ホームページがない
・名刺など住所が分かるものを渡さない

以上が、あまりよくない業者の特徴になります。
雨漏り修理は、費用が施工する内容によって変わるため、あらかじめ価格が決まっておらず、一概にいくらですとは言えないのが現状です。なので、一般の方の相場が分からない弱みに付け込んで悪徳な業者たちは提案してきます。少しでも不安だと感じたら何社からか相見積もりを取ってみることをオススメいたします。その際は、大手のハウスメーカーや、総合リフォーム業者よりも板金屋さんにお願いすることをオススメいたします。板金屋さんであれば、全ての屋根・外壁等の箇所からの雨漏りに対応してくれる専門家である場合が多いためオススメいたします。

以上が、優良業者と悪徳業者の特徴になります。
まとめると、優良業者は、しっかり細く説明・提案をしてくれます。また、ホームページも存在し、実績・資格ともに保有し、アフターケアもしっかりしている業者がオススメです。また、訪問販売や、高額な工事を勧めてきたり・大幅な値下げなど安さだけで業者を選んでしまわないように注意が必要です。

まとめ

雨漏りが再する原因は主に、雨漏りの原因が特定できていないことと、人為的な修理ミスが原因の場合が多いです。いずれの原因にせよ、しっかり雨漏り修理を行ってくれる業者を選ぶ必要があり、業者を選ぶポイントとしては、しっかりとした調査を行なってから、見積もりを出してくれる、その際に、細く記載がされていて分かるように説明してくれる。また実績・資格を持ち、ホームページも持っている業者にお願いするのがいいでしょう。決して訪問販売にお願いしないことです。例え、無料調査であってもお断りすることをオススメいたします。

雨漏り修理やメンテナンスを行ってくれる業者を見つけるには?

雨漏り修理は、建築修理の中でも特に難しく、雨漏り工事で一番大切なことは、雨漏りの原因が把握できているかどうかにかかっています。なので如何に雨漏りの現場を見て雨漏りのパターンを経験しているかが大切になってきます。
もし、原因の特定に失敗していたら、雨漏りは再発しまし、再工事のための余計な出費がかさんでしまいます。だから、一般の方はもちろん、大工さんなどでは雨漏りを直すことができません。もちろん簡単な場所であれば、見つけ、雨漏りを止めることはできますが、それは一時的で再発・悪化させてしまうことが多いのです。雨漏りの原因は、一箇所だけではなく複数の場合、雨漏りしている箇所とは反対の場所に原因がある場合が少なくないからです。雨漏り職人が原因を見つけられるようになるには、最低10年の経験が必要だと言われています。
きちんと雨漏りを止めてもらうためには、業者選びは間違えないことです。そして、どこが、なんで雨漏りしているのか、その原因を徹底的に追及してくれる雨漏り専門の修理業者を選ぶことをオススメいたします。

雨漏り修理を専門として、20年以上の経験・実績を積んだ雨漏り修理のプロ集団、屋根雨漏りのお医者さんにご相談いただければ、雨漏り修理はもちろん、屋根・外壁のメンテナンス・修理を安心して行うことができます。→ホームページはこちらから

雨漏り修理業者を選ぶ際のポイント

修理を頼む際は地元の業者さんの方がいいですね。
あまり遠方から来る業者は、それこそ金額もかかりますし、例えば「直しました、でもまた雨漏りしてしまったんです」っていうと、なかなか来て頂けなくなっちゃうこともありますのでね。
やはり地元で仕事を行っていると、信用問題でやっていますので、本当にその辺はお客様にきちんとした形で提案できると思います。
あとは、見てすぐ原因がわかるっていうのは、よっぽどのことだと思いますね。雨漏りって見てもわからないことが多いので、できるだけ散水試験などはやって、それに対して見積もりを作るっていう業者さんの方が、きちんとしているんじゃないかなと思います。

その他、雨漏りの知識については下記のバナーから雨漏りチャンネルでご視聴できます。