屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

今回雨漏り修理を行ったのは、築20年の三階建の鉄骨住宅です。
雨漏りが発生している部分は、2階のベランダの床でした。
このベランダの床に塗られているFRP防水剤は、一般的には船舶などに使われる防水剤です。
FRP防水剤の悪いところは、横にひび割れが起こるため
ベランダのどの部分から雨漏りをしているかがわかりませんでした。
FRP防水剤の寿命が来ていた為、ベランダ全体の修理を行いました。
雨が入りやすく雨漏りのキッカケになりうるベランダの角にコーキング(防水剤)を打ち、ウレタン防水材で綺麗に仕上げました。