築8年で壁とサッシの間から雨漏り!

築8年位のお宅です。
建ててからしばらくして雨が漏ってきて、いろいろな業者が見に行ったんでしょうね。
しかし、どうしても直らなくて、私たちへご連絡をいただきました。

原因としては、外壁とサッシからの雨漏りということで、外壁をはぐって中を確認させてもらって、確実に治す方法を見つけましょう、ということで、まず外壁をはぎました。

サッシをよく確認すると、サッシと外壁の間には、何度かコーキングをした跡があります。
それでも雨漏りは改善されなかったようです。

外壁をはぐってみると、普通は築8年でここまでカビたり腐ったりすることはないのですが、サッシの周りの木が、ひどいことになっています。
ただ、柱の部分というような重要な部分ではなかったので、簡単に取替させていただくことは出来ました。そしてサッシ周りを改めて処理をさせていただきました。

私たちが直させて頂くからには、何があっても絶対に雨漏りは止めさせていただく、ということで、まずは下地の方で確実に雨漏りが止まる処理をしたうえで、さらに上から仕上げをさせていただきました。

このお宅は、サッシまわりだけじゃなくて、他からもけっこう雨が入っていました。
外壁に釘の頭が見えているんですが、そこから雨が入っていたりしたところもあったので、そういうところは下地を交換させていただき、新しく外壁を貼らせていただきました。

屋根雨漏りのお医者さん 
新潟県担当 →冨永正則(とみなが まさのり)

サブコンテンツ

このページの先頭へ