自宅の杉の木が隣の倉庫に倒れ、雨漏り!

強風で、自宅の庭に経っていた杉の木の防風林が、隣の古い倉庫に倒れこんでしまい、それが原因で倉庫に雨漏りが起こってしまいました。
自宅に倒れていれば、火災保険の対象になるところなのですが、隣の倉庫に倒れてしまったため、火災保険を使用することは出来ず、木が植えてあったお宅が、修理代をかぶらざるを得なかったという案件です。

もし、腐り始めていたり、ちょっと危ないな、と思うような木がお庭に立っていましたら、こういったこともあるということを心に留めておいていただき、対処をしていくことをお勧めいたします。

このケースでは、中の鉄骨まで曲がっていたので、それを交換し、新しいスレートで屋根を葺きました。

屋根雨漏りのお医者さん 
岩手地区担当 →佐々木完(ささき たもつ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ