築30年でメンテナンスしておらず、雨漏りしてしまっていました

このお宅は、築30年くらい経っているセメント瓦を葺いてあるお宅でした。

通常セメント瓦は、きちんとメンテナンスをして、塗装を何度かしておけばそれなりには持ちます。

しかし、このお宅はこれまでまったくメンテナンスをしておらず、塗装ををしていなかったので、
セメント瓦の表面のセメントを保護しているものがなくなってしまい、瓦のセメントが見えていました。

この状態でそのまま置いておくと、風化して砂状になります。

本来であれば全部葺き替えをオススメしたいところですが、
お客様のご都合により、修理により「雨漏りを止めてほしい」ということで、修理をさせていただきました。

瓦の状態はあまり良くはありませんが、実際に登って確認をしてみると、思った以上にしっかりとしていて
雨が漏るほどまではひどくなっていないようでした。

その中で私たちが見つけたのは、写真でいう盛り上がった部分が「棟(むね)」
というのですが、その部分から入り込んだのが一番の原因なのと
雨が垂れて行って集まるところの反しをすれば、雨漏りが止まるのではないかということで
お見積もりをしました。

太陽熱パネルが屋根に乗っていたのですが、これは現在使っておらおられませんでした。

ただ、撤去費用がかかるということで、
お客様としては「とくに問題もないし、そのまま置いておこう」ということになっていたようです。

これに関しては、少しでも雨漏りの原因になりえますから、
私どもが屋根の修理を依頼していただいたお礼として、
極力お安い費用で処分させていただきました。

棟を剥がした写真を映像上で公開しています。

棟の中に水が入って、端の部分に溜まって雨漏りになったようで、
この箇所の、瓦の下に貼ってある防水紙が劣化していました。

棟の交換をする際に、剥がした棟の下には
「スズメバチの巣」があり、職人もビックリでした。

今回は新しい棟を施工しました。
施工後は、瓦はセメントで棟は陶器という状態になりました。

またセメントの棟にするよりも、耐久性が高い、ということで、
お値段も見た目もそれほど変わらず、強度のある陶器で
施工させていただきました。

屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ