既存の建物と増築部分をつなげた部分の板金屋根の雨漏り

(撮影時の風の動きで、若干のノイズが入りますことを予めお詫びします)

このお客さんの屋根は、それまでの既存の家と、増築した部分をつなげた部分が雨漏りがする、ということでご連絡をいただきました。

今、住んでいらっしゃるお客様は、中古でこのお宅を購入されたということですが、その前から雨漏りがしていたようです。
それまで、何人も業者さんが入って、いろいろとやってみたのだけれど、雨漏りが止まらなかったということで、ご連絡をいただきました。

現場を見てみると、雨水が侵入しないようにコーキングをしてある跡がありました。
コーキングは一生ものではなくて、伸縮したりすると亀裂が入ります。そしてその亀裂から入った雨水が抜けなくなってしまうケースが多くあります。
このお宅でも、以前にコーキングで雨水を止めようとした部分をちょっと切ってみると、2,3日は雨は降っていなかったのに、中から雨水が出てきました。
コーキングでこういうところを埋めるというのは、修理として根本的な解決にはなっていないので、それを根本的に解決しようと、既存の屋根と、増築部分の間にあった段差をなくして、板金の貼り替えをし、コーキングに頼らなくていいような施工をしました。
裏、表と2面あったのですが、その問題があった部分だけを貼り替えして、無事、雨漏りは止まりました。

屋根雨漏りのお医者さん
山形県担当 →長岡功一(ながおか こういち)

サブコンテンツ

このページの先頭へ