新築時に防水処理をしなかったことが原因の雨漏り

この雨漏りの事例は、どちらかというと知識・経験のない人には分かりにくい案件です。

パッと見は、なんでもないように見えますが、これは実はとんでもない施工をされています。
屋根の端っこが、壁の中に潜り込んでしまっています。
そうすると、雨でも何でも、たまったしずくはすべて建物の中に入ってしまう、ということでこれは、非常に困った施工です。

パッと見るときれいに施工されているので、どうして漏っているのか分からない、という方も多いのですが、専門家が見れば、一発で分かります。

これは、新築時に、壁を塗る前に内部に潜り込ませてしまっているので、本来であれば防水をしなければいけないものを、していなかった、ということが原因です。

知識がない業者さんの中には、見た目を綺麗にしたいということで、こういった施工をしてしまう方もいるので、気をつけなければいけません。

屋根雨漏りのお医者さん 
千葉県担当 →高梨哲也(たかなし てつや)

サブコンテンツ

このページの先頭へ