強い雨風の時だけ1階が雨漏りするアパート

築25年くらいの鉄骨のアパートで、
外壁がタイルで仕上げてある案件でした。

1階の窓の上のあたりから、
台風や、強い雨が長く続いた時にで雨漏りがするということで
お問い合わせを頂きました。

調査を行ったところ、窓のひさし部分に隙間がありました。
地震によって欠けたものだと思われます。

その他外壁タイルの目地が傷んでいました。
そこで、オーナーさんに、
今の雨漏りの原因は窓のひさし部分の隙間だと思われますが、
かなり目地の部分が傷んでいますので、
今後、この目地のメンテナンスが必要だと思います。
ということをお伝えしたところ、そのメンテナンスもしてほしい、
ということで、目地の処理も一緒にするということで、
厚い防水材を全面に塗らせていただき、
雨漏りしないように仕上げさせていただきました。

これで雨漏りは止まりました。
タイルの目地の部分も防水材を塗らせていただきましたので、
あと10年くらいはもつと思います。

屋根雨漏りのお医者さん
東京担当 →高橋大悟(たかはし だいご)

サブコンテンツ

このページの先頭へ