台風で屋根が2畳分くらい飛ばされて雨漏り!

去年の台風で屋根が飛ばされ、工務店さんからSOSがありました。
その時は、屋根の養生をして、応急処置をしただけで終わりましたが、その後、正月明けに、「施工をお願いします」と言われ、工事をしている最中です。

施工方法としては、屋根材を全面撤去して、下地処理を行い、断熱材を入れて、元通りシングルという屋根材を葺きました。

飛ばされたのは、屋根の真ん中辺で、風の強いところなので、2畳分くらい飛ばされていました。

工期は、かなり人数を入れたので、いま時点で4日です。ほぼ終了していてあと1日で完成、というところです。

屋根雨漏りのお医者さん 
神奈川県担当 →佐久間一郎(さくま いちろう)

サブコンテンツ

このページの先頭へ