雨漏りドクター・長野地区担当|横沢学(よこさわ まなぶ)

横沢学(よこさわ まなぶ)

幼い頃から父親の手伝いはしていましたが、自分がこの仕事に就こうとは全く思っていま­せんでした。高校卒業後、建築
関係の会社に就職して設計の方の仕事をしていたんです。そこで仕事をしながら、家業の­板金屋のことがやはり気になってはいました。
その会社に4年間勤めた時、あるきっかけがありまして、家業を継ぐことになったんです­。すぐに家を手伝いのではなく、まずは5年間他の会社で修行をさせて頂くことになりました。

転職をし、板金屋の仕事を始めたときの話ですが­、これまでは工場の中で図面を書いていましたが、いきなり外での仕事に変わり戸惑いま­した。最初に足場に上った時のことですが、一段上っただけで随分と怖い思いをしまして­、自分は高いところは無理なのではないかと感じたほどでした。
しかし人間は慣れるもので、毎日必要に迫られ上っているうちに大丈夫になりました。
最初の数年は、言われたことをただこなすだけの仕事が続きましたが、最後の頃には、現­場を任せて頂けるようになりました。大体3年くらい経ってからですね。その間、訓練所にも週に一度通わせて頂いて­いまして、ハサミの使い方等の基本的なことや図面の書き方等々も教わることができました。
この修行時代、何度も辞めたいと思いましたが、他へ移るとまた一からやり直すことにな­りますし、何よりも自分で家業を継ぐことを決心しましたので、なんとか頑張りました。
修行時代を終え、実家に戻り家の手伝いからスタートしたのですが、修行時代の板金屋は­大きい会社で、お客様も法人が多かったんです。ところが実家に戻るとほとんどが個人のお客様相手の仕事でしたので、­そこでまた随分と戸惑いました。
しかしこのままただ続けていては良くないと考え、自分が修行時代に勉強したことを生か­すことが出来る法人相手の仕事も少しずつ増やしていくようにしていきました。

雨漏りのこと、屋根の事に関してお悩み事がありましたら、
どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。

【させていただいているお仕事】

関東甲信越板金工業組合協議会 青年部 幹事

【持っている主な資格】

基幹技能者
一級建築板金技能士
職業訓練指導員

【ニックネーム】

【趣味】

【特技】

【子供の頃の夢】

【過去の実績】

【私の想い等、動画でお話しさせていただきました】

♪板金業に就くきっかけ

♪板金修行時代の話

♪板金業者の父を見て

♪狭くて施工が大変な現場

♪専門家の集まり、青年部

♪雑な施工は雨漏りしやすい

♪屋根の施工に使う道具

♪銅板の屋根施工

♪施工不良による雨漏り

♪屋根業者が使う機械

サブコンテンツ

このページの先頭へ