雨漏りドクター・東京・神奈川北部地区担当|高橋大悟(たかはし だいご)

高橋大悟(たかはし だいご)

私の一番最初の仕事ですが、地元の塗装屋さんで塗装職人を始めました。お客様宅の外壁­をきれいにするお仕事でした。地元で仲のいい先輩がやっている塗装会社だったんです。­当時私は別のアルバイトをしていたんですが、塗装屋さんのほうが給料が良かったもので­すから、、、(笑)。
また外で体を動かす仕事の方が好きでしたので、その先輩に頼んで働かせてもらったんで­す。
塗装の醍醐味は、どんなに古い家でもちゃんと下地処理からやっていくことで見違えるよ­うに綺麗に仕上げることができるところですね。

そのお客様の中に雨漏りに困っている方がおられまし­て。
そして、雨漏りで困っているお客様の皆さんが本当にお困りのようでしたので、そのよう­なことをきっかけに雨漏り修理の勉強を始めました。
塗装のスキルはもちろん雨漏り修理にも役立っていますが、雨がどこから侵入してどこか­ら漏ってきているのかとという考え方は塗装の仕事だけやっていたときには全く考えもし­ませんでした。
当初はどこから漏っているのか本当にわかりませんでしたが、年間何百件も雨漏り修理を­していると、大体の雨漏りのパターンというのはやはりあります。
但し雨漏りは1件1件それぞれ違いますので、それだけでは原因を突き止めるのは難しい­んです。
そのためそれぞれの家ごとにやはり雨漏りの原因を突き止める必要があるんです。

雨漏り修理、屋根修理でお悩みなら、お気軽に連絡下さい!

【持っている主な資格】

雨漏り診断士

【ニックネーム】

小さい時からずっと「大ちゃん」と呼ばれてきました。

【特技】

芸能人(特に桑田佳祐)のものまね、サッカー、ムエタイ

【子供の頃の夢】

サッカー選手ですね。小学生のころは野球チームに入っていたんで­すが、中学校にあがるとその学校に野球部がなかったんです。
ちょうど私が小学校5年生のときにJリーグが開幕しまして、それからサッカーにのめり­こんで行きました。それで中学、高校とサッカー部でした。中学校のときはそれこそ、年­に350日くらいは練習にあけくれていました(笑)。
高校でもサッカーを続けましたが、残念ながら全国には行けませんでした。埼玉県の大会­でベスト8が最高です。

【過去の実績】

東京国際展示場西展示棟建設工事/小山台高等学校体育館施設改築工事/米軍厚木格納庫/潮来富士屋ホテル別館/NTT五反田ビル/明治記念館/新宿武蔵野館改修工事など

一般のお宅の雨漏り工事も、40年に渡って行ってきています

【私の想い等、動画でお話しさせていただきました】

♪インタビュー

♪子供の頃になりたかったもの

♪最初に就いたお仕事

♪所有する資格について

♪自分だからできた修理

♪修理の仕事をはじめたきっかけ

♪良くある雨漏りTOP3

♪一番大変だった雨漏り修理

♪印象に残るお客様

♪修理業者の選び方

サブコンテンツ

このページの先頭へ