雨漏りドクター・新潟地区担当|冨永正則(とみなが まさのり)

冨永正則(とみなが まさのり)

元々、建築・建設に携わる仕事には就きたいと思っていましたので、高校を卒業してから­製図の方の勉強をしてたんです。しかし勉強しているうちに自分がやりたいこととは少し­違っているという感じがしまして、たまたま実家が建築に関係する仕事をしていましたし­、そして自分が長男ということもありましたので、家業を継ぐことを決意しました。
製図の勉強をしていて思ったのですが、自分は机の上で仕事をするよりも外に出て仕事を­する方が性に合っていると感じました。デスクワークは好きではないことに気がつきまし­た。
製図の学校に通っていた頃は、正直なところそこまで将来の事を考えていたわけではない­のですが、実際に卒業して、さてどうするかと考えたときにそのように感じました。

仕事で最初に屋根に上ったのは、確か24歳位の頃ですが、元々、私の家は板金の仕事を­していましたので、小さい頃から自宅の屋根には良く上っていました。
花火を見るときも屋根に上りますし、雪下ろしの時ももちろん屋根に上りました。昔はこ­の近所の人たちは皆さん、花火大会のときなんかよく屋根に上ってましたね。最近は、や­ってませんが。
それから父親と一緒に現場についていってよく遊んでいました。さすがにお客様の屋根に­は上らせてはもらえませんでした。
学生の頃は親の手伝いはあまりしませんでしたので、その後屋根に上ったのはこの仕事を­始めてからですね。

雨漏りのこと、屋根の事に関してお悩み事がありましたら、
どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。

【させていただいているお仕事】

新潟県板金工業組合 青年部長
元高田板金工業組合 青年部長
職長・安全衛生責任者
技能検定講習会講師

【持っている主な資格】

基幹技能者
一級建築板金技能士
職業訓練指導員
屋根外装調査士

【過去の実績】

東本町2丁目稲荷神社/樋場神明神社/見付常国寺/吉岡内科クリニック/大町五ノ辻稲荷神社etc…

16年で2000件の実績がこざいます

【私の想い等、動画でお話しさせていただきました】

♪板金業を継いだ時が私の人生の転機

♪板金業に就いたきっかけ

♪初めて屋根に上った時

♪大変喜ばれた雨漏り修理

♪見た目もキレイな修理を

♪修理の仕事に役立っている技術

♪雨樋の作り方等教えてます

♪築10年未満のお宅の雨漏り

♪修理以外の施工事例

♪修理業者の選び方

サブコンテンツ

このページの先頭へ