雨漏りドクター・岩手地区担当|佐々木完(ささき たもつ)

佐々木完(ささき たもつ)

多分、小学生のときです。
いつも屋根の上で遊んでいました(笑)。
今みたいにゲームなんかありませんでしたし、木登りしたりして遊んでいました。
この仕事に就くきっかけは、親戚が板金屋さんを福島県でやっていまして、そこに丁稚奉公に行ったのが最初です。
17歳のときでした。
その当時は、何もわからなくて楽しかったですね。
段々と友達も出来ました。

人生の転機は、多分、高校を辞めて、この仕事を始めたときだと思います。
高校を辞めた理由は、早く仕事がしたいと思ったからです。
その後、色々と寄り道はしましたが、最終的にこの仕事に就いています。
その時、学校を辞めていなければ、つまらない男になっていたと思います(笑)。
辞めた後、いろいろな経験をしましたので、仕事にしても仕事以外でもどんなことでも対応ができるようになったと思います。

昔からやらないで後悔するのだけは嫌なんです。仕事を覚えるまでは、やはり怒られましたし、つらいこともありました。
しかし楽しいことの方が多かったですね。
仕事を覚えてくると、仕事自体がだんだんと楽しくなってきました。
忙しいときは夜中の12時頃まで残業もしましたが、苦になりませんでした。

雨漏りのこと、屋根の事に関してお悩み事がありましたら、
どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。

【させていただいているお仕事】

元全国板金工業組合青年部 東北ブロック部長
元岩手県板金工業組合青年部 部長
元岩手県板金工業組合 花巻支部 青年部部長

【持っている主な資格】

二級建築板金技能士

【趣味】

最近ゴルフを始めました。あとは車いじりです。軽トラをちょこちょこいじってます。

【子供の頃の夢】

消防士。すごくかっこよく見えたから。

【過去の実績】

JR雫石駅/JR二戸駅新幹線整備基地/JA紫波葬祭センター/JA石鳥谷三日掘倉庫
その他、基本的には一般住宅の屋根や雨漏りの施工をさせて頂いており、26年で1000件の実績がこざいます。

【私の想い等、動画でお話しさせていただきました】

♪一番苦労した仕事

♪人生の転機

♪初めて屋根に上った時

♪雨漏りの応急処置

♪雪の重みで軒先が折れ雪で修理

♪工場屋根の棟が古くなり雨漏り

♪アパートの屋根の雨漏れ

♪屋根全体が傷んでおり全面葺き替え

♪店舗事務所の屋根からの雨漏り

♪大木が倒れ屋根の一部が壊れた

サブコンテンツ

このページの先頭へ