雨漏りドクター・山形地区担当|鈴木広行(すずき ひろゆき)

鈴木広行(すずき ひろゆき)

最初に就いた仕事は、写真関係の営業職でした。
お客様と話をするのが好きでしたので選びました。
技術的にも価格的にも思った以上に競争の激しい業界で、良いものをいかに安くで提供するかという部分が大変でした。
その後、デジタル化の影響で会社の業績も思わしくなく辞める事になりました。
その後、実家の建築板金業を継ぐことになりました。

この仕事を始めて7年経ちましたが、当初、体力的にきつく、仕事が終わり家に戻るとすぐに寝てしまうような状態が続きました。
しかし体を動かす仕事は、充実感を感じることができます。
精神的にも満たされる気がしています。
すごく気持ちよく働ける仕事だと思います。
この仕事の魅力は、他の業種と比べて、専門的な技術が必要になりますので、日々、自分自身進歩しながら頑張っていくという部分でやりがいを感じています。
自分の理想とする仕事が出来たときは本当にうれしいです。

一番気を使っているのは健康です。
やはり仕事柄、高いところに上って仕事を行いますので、危険が伴います。
寝不足や不摂生な生活は極力しないようにして、健全な状態で仕事に臨むようにしています。
アルコールや油っぽいものは好きなんですが、できるだけ摂らないようにしています。
また特に、睡眠だけはできるだけたくさんとるようにしています。
この生活を続けて5年以上経ちますが、体力的にも気持ち的にも良い状態にあります。

雨漏りのこと、屋根の事に関してお悩み事がありましたら、
どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。

【持っている主な資格】

一級建築板金技能士
基幹技能者

【子供の頃の夢】

小学生の頃、政治家になろうと思ったことがありました。
世界の環境等に子供ながら不安に思っていまして地球を守らなくては、と考えていました(笑)。
その他、芸能界に憧れたこともありましたし、警察官になりたいと思った時期もありました。

【過去の実績】

タイヤ&ホイールショップコンノ店舗屋根/辰寿司/(株)ダンロップ山形本社/(株)太田コンクリート工業
29年で3000件の実績がこざいます。

【私の想い等、動画でお話しさせていただきました】

♪気を使っていること

♪怖かったこと、苦労したこと

♪屋根板金業の魅力

♪子供の頃なりたかった職業

♪つらかったこと

♪一番苦しかった時期

♪増築で雨漏りした事例

サブコンテンツ

このページの先頭へ