雨漏りドクター・大分地区担当|松下賢士(まつした けんし)

松下賢士(まつした けんし)

私は、高校を卒業して、父のところではなく、紹介して頂いた板金屋さんの見習いとして­始めました。
最初は、はさみもうまく使う事が出来ず、先輩達の姿を見てすごいなあと感心していまし­た。
自分も早く上手に使えるようになりたくて、夜、仕事が終わった後で練習していました。
当時は、仕事も忙しく夜まで仕事がありましたので、その後、10時、11時頃から、こ­っそり練習してましたね。
その後、一度、父の所に戻ったんですが、父と衝突してしましまして、、(苦笑)
また他にすぐに移ったんです。
その事業所で、5年くらいお世話になりまして、そして最終的に父のところに戻って、平­成12年の4月から、また一緒に仕事を始めました。
現在は、独立して代表者として一人でやらさせて頂いています。
これまで、たくさんの屋根雨漏り修理の実績がございます。
そのおかげで、他の方には負けない豊富な経験、そしてスキルを身に付けることができま­した。

やはり、必要とされる喜び、といいますか、それが一番ありがたいことですよね。
うれしさと同時に、ご依頼頂いた仕事をきっちりとやらなければいけないという、
責任感も同時に感じます。
お客様が困っている雨漏りを私は確実に修理できる自信があります。

雨漏りでお悩みの方からのご相談をお待ちしております。

【させていただいているお仕事】

九州板金工業組合協議会青年部九州ブロック部長

【持っている主な資格】

基幹技能者
一級建築板金技能士
屋根外装調査士
責任施工検査士

【ニックネーム】

子供の頃から「けんちゃん」と呼ばれてきました。でも最近は「けんさん」と呼ばれるようになり、恐縮です。

【趣味】

家庭菜園( ピーマン・大根・オクラ・キュウリ・ゴーヤなど) が好きで、作業場まで建ててしまったほどです。
あとは作詞です。

【特技】

野球、寝たふり(笑)

【子供の頃の夢】

野球選手。憧れていた人は仮面ライダーとジャニーズ( マッチに憧れていました)。

【過去の実績】

23年間で3500件の実績があります

【私の想い等、動画でお話しさせていただきました】

♪あいさつ

♪インタビュー

♪仕事を始めた頃の話

♪仕事に対する想い

♪初めて屋根に上った時

♪心がけている事

♪うれしいと感じる瞬間

♪屋根の上で困った事

♪間違った雨漏り修理

♪雨漏り修理の資格について

サブコンテンツ

このページの先頭へ