雨漏りドクター・埼玉・東京北部地区担当|加藤史之(かとう ふみゆき)

加藤史之(かとう ふみゆき)

私がはじめて屋根に上ったのは、21歳の時ですね。お世話になったアルバイト先の店長­さんの親戚の板金屋さんでアルバイトを始めた時です。
その店長に本当に良くしていただきまして、、ガソリンスタンドのアルバイトよりも手に­職が付けられるアルバイトの方が良いと薦められました。
それが21歳の時で、その時に屋根に上ったのが最初ですね。
当時、スキーを本格的にやっていまして、それでお金が必要でガソリンスタンドでアルバ­イトをしていたんです。
しかし、その店長さんのアドバイスもあり、だんだんと自分に手に職を付けられるような­仕事をしたいという気持ちになっていったんです。
ガソリンスタンドのアルバイトの時は、お客様がいない時は、夏は涼しい室内で、冬は暖­かい室内で休憩する事もできましたが、屋根の上の仕事の場合、一日中外ですから(笑­)、、、そういう意味では、最初は厳しさを感じました。
それから屋根の上の高いところは最初はやはり怖かったです(笑)。でも仕事をやってい­るうちに慣れてきました。

雨漏り修理の仕事の魅力は、ちょっと大袈裟かもしれませんが、ある程度の期間、自分の作品が建物として残るところ­ではないでしょうか。
それが魅力でもあり、厳しく難しいところだとも思います。
屋根というのは内側から建物全体を守る役割もありますが、外側から一番見える部分でも­あります。衣装として一番建物をきれいに見せる部分でもあると思っています。
そういう意味で、手を抜いてしまうと仕上がりは悪くなりますし、当然、機能的にも不十­分なものになってしまいます。
雨漏りもせず、見た目も美しい屋根に仕上げて、頼んでよかったと感じてもらえる仕事を­したいですね。

私が雨漏り修理の仕事を続けていこうと思ったきっかけですが、実は独立したときは、親­方から、お前はもう給料がマックスに達しているから、もっと給料が欲しければ、そして­やる気があるんであれば、独立した方が良いと言ってもらったんです。仕事もある程度は­、下請けとしてまわして頂けると言う事でした。
自分にはこの仕事しかないと思えたのは、一から十まで全部自分で仕事をするようになっ­て、お客様に、あなたに頼んで良かった、と言ってもらえるようになってからです。また­ちょうど結婚をしたのもそのタイミングでしたので、その時に、自分はこの仕事を続けて­いこうと決心しました。

雨漏り修理、屋根修理でお悩みなら、お気軽に連絡下さい!

【持っている主な資格】

基幹技能者
一級建築板金技能士
屋根外装調査士

【ニックネーム】

小さいころから名前の一部を取って「ふみ」や「ふみ君」と呼ばれてました。

【趣味】

海釣り。釣れなくてものんびりできて気分爽快です。

【特技】

ほとんど乗らないですがバイクいじりです。見た目を変えることはないですが機械が完ぺきというのが気持ちいいです。

【子供の頃の夢】

パイロットかレーサーになりたかったです。

【過去の実績】

スウェーデンハウス指定工事店 200件以上の実績/JR新白岡・久喜駅 ホームの屋根、雨どい、雨漏り修理/常磐線 金町~取手 屋根メンテナンス、雨漏り修理/蓮田・セキスイ工場雨漏り修理/鴻巣市ひかり幼稚園/桶川市川田谷郵便局/TAKA:Q鴻巣店/深谷・昭和電機/皇居の体育館・外壁張り替え施工 サンドラッグ屋根施工、修理/セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート等/コンビニエンスストア 屋根施工・修理etc…

20年で2000件の実績がこざいます

【私の想い等、動画でお話しさせていただきました】

♪インタビュー

♪あいさつ

♪雨漏り修理において心がけている事

♪自分が一人前になったと感じたのは?

♪一番最初に屋根に上った時

♪一番自慢できる仕事は?

♪一番苦労した仕事

♪これまでの仕事で一番大きな、有名な建物は?

♪この仕事を続けていこうと思ったのは?

♪この仕事の魅力

サブコンテンツ

このページの先頭へ