雨漏りドクター・三重地区担当|柴原博信(しばはら ひろのぶ)

雨漏りドクター・三重地区担当/柴原博信(しばはら ひろのぶ)雨漏りドクター・三重地区担当
柴原博信(しばはら ひろのぶ)

私がこのお仕事を始めたのは、高校を出てすぐです、19歳の時ですね。
私の父が板金業をやっていまして、私が中学1年生の時に独立して仕事を始めたんです。
その当時から、お酒を呑むたびに、将来、私が高校を卒業したら一緒に仕事がしたいと、­、、常々言っていました。
私は、本当は大学まで行きたかったんですが、経済的にも余裕がありませんでしたし、父­も私と仕事がしたいと言っていましたし、結局、高校卒業後、この道に入ったんです。
絶対にこの仕事で頑張ろうという感じではなく、まあやってみてもいいかなあ、、といっ­た何気ない気持ちで始めました。
それから数十年が経ち、屋根や雨漏り修理であれば、誰にも負けない知識と経験が身に付­きました。今では毎日張り切ってお仕事をさせて頂いています。

私がこのお仕事を続けていこうと決心したきっかけですが、高校を卒業してこの仕事を始­めてから、確か3年目くらいの時だと思うのですが、私の父の知り合いの大工さんが、褒­めてくれたんです。
私のちょっとした仕事でしたが、「上手にやったなあ」って。それがうれしくて、この仕­事をやっていこうと思ったきっかけの一つではあります。
それから、平成元年だと思いますが、その大工さんが、自分の家の仕事を私に任せてくれ­たんです。
「今度からお父さんじゃなくて、お前が来い」と言ってくれたんですね。
それ­が、原点だと思いますね。それが、25歳か26歳位の事でした。
それがきっかけで、今までこの仕事を続けることができています。

毎日、雨漏りでお困りのお客様のサポートに回っていますので、雨漏りでお困りの際には、是非、お声掛け下さい。

【持っている主な資格】

基幹技能者
一級建築板金技能士
職業訓練指導員
屋根外装調査士

【私の想い等、動画でお話しさせていただきました】

♪板金工業組合青年部について

♪修理業者の選び方

♪雨漏り対策

♪この仕事を続けていこうと思ったきっかけ

♪この仕事に就いたのはいつですか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ