瑕疵担保責任保険について

「瑕疵担保責任保険」という名前は、あまり馴染みがないかと思います。
実際に、私たちの扱う物件でも、瑕疵担保責任保険を適用するケースというのはほとんどありません。
ですから、瑕疵担保責任保険について、ほとんど知識のない業者も多いですし、実際に瑕疵担保責任保険でお金を保険から出していただく、という際にも、アドバイスできる業者は数限られてしまいます。

雨漏りのように、

建物の根本が原因で築10年以内に問題が起きてしまった場合、それを修復するために、新築の施工業者が保険に入る義務がある、あるいは保険に入らない場合には法務局へ供託金を納めなければいけない。

という法律が平成21年10月から施工されました。

これを「住宅瑕疵担保履行法」と言います。

そして、「瑕疵担保責任保険」とは、この法律を守るためにある保険です。
ですから、新築から10年以内に雨漏りが発生した場合には、基本的にはこの保険を使うか、あるいは供託金を使って、雨漏り修理をすることが出来ます。

実は平成12年4月には「住宅の品質確保等に関する法律」というものが施工されており、新築住宅を建てた業者は、引き渡しから10年間はこの住宅の構造上の重要な部分や雨漏り等が起こった場合には、それを直す義務がある、ということがすでに法律で決まっていたのですが、いざ直すときに、業者が余裕がなくきちんと直すことが出来なかったり、すでに業者が倒産している、などという場合が結構あったことで、改めて平成21年にこの「住宅瑕疵担保履行法」が施工されることとなりました。

実際に、雨漏りドクターが扱った物件では、やはり業者が倒産していて、工事ができないので、保険を適用した、というケースがほとんどです。

築10年以内に雨漏りが派生し、どこに相談してよいか分からない、というような場合、まずはお気軽に私たち雨漏りドクターへご連絡下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ