火災保険を使った雨漏り修理ができる場合

雨漏りの中には、火災保険を使用して雨漏りを修理することが出来る場合があります。
基本的には、家のローンを支払中の場合は皆さん火災保険にはご加入していらっしゃいますので、確認してみてください。

こちらの動画でもお伝えしていますが、基本的には、自然災害である台風等による強風、大雪、大雨等により、屋根が飛ばされたり、変形してしまったりしたものを元の状態に戻す、という場合に保険が降りるケースが多くあります。
最終的な判断は保険屋さんがされますが、私たちにご相談いただければ、お見積りの作成や保険会社に提出する写真等を撮影し、豊富な経験からアドバイスをさし上げることができます。

雨漏りで保険が降りる場合は、たいてい実際に被害にあった外側の部分、そして家の中の天井や廊下等を復旧するためのお金が保険会社より支払われることになります。
大抵の場合、支払いがされる場合には、申請してから1ヶ月程度で振込がある場合が多いです。保険の請求は、過去に遡ってできますので、「去年の台風で瓦が飛ばされて……でもお金が無くて修理できなかったんだよ」などという場合でもご相談いただければと思います。

せっかく火災保険の代金を払っているのですから、きちんと請求できる部分は請求し、より快適な生活を送られるようお手伝いさせていただきたいと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ