間違った塗装が原因で雨漏り

屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

今回雨漏り修理を行ったのは、築20年のコロニアル屋根の住宅です。
コロニアル屋根というのは、急な勾配が特徴です。
そのため、本来であれば雨漏りがしにくい屋根となっています。

しかし、今回のコロニアル屋根は上から釘を打たれていたり、雨の逃げ場を塞いでしまうような塗装など不自然な施工がされていました。
雨漏りの原因を調べてみたところ、コロニアル屋根の老朽化によってではなく、誤った塗装によるものだと断定できました。

コロニアルにはアスベストが入ってるため、今回はガルバリウム鋼板に葺き替えました。
ガルバリウム鋼板は外観もコロニアル屋根と大きな変化はなく、重量も日本瓦の約1/6と軽い屋根となっています。また、耐久性にも優れているため、非常に優れた屋根剤です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ