老朽化した屋根の全面葺き替え

屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

今回、雨漏り修理を行ったのは築20年の2階建て住宅です。
実のところ、この住宅は雨漏りをしていませんでした。
しかし、新築から20年という歳月が経ったので、屋根を全面的に葺き替えたいという要望を受けました。
現在は使われていない太陽温水機がありましたが、撤去させてもらい屋根全体に防水シートを張り詰めました。また、その上からガルバリウム鋼板というアルミと鉄の合金に断熱材が付いた板金を設置しました。
おそらく他の業者の場合、撤去に手間がかかる太陽温水機をそのままにしておくことが多いと思います。
しかし、私たちには「スッキリとした屋根を作る」という目的があります。そのため、太陽温水機またその配線も撤去させてもらいました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ