粘土瓦のメンテナンス

雨漏りのお医者さん 
熊本地区担当 →永田稔(ながた みのる)

今回、雨漏り修理を行ったのは粘土瓦屋根の築50年の住宅です。

粘土瓦屋根の寿命は諸説ありますが、メンテナンスを施せば40~50年以上大丈夫だと思います。
しかし、酸性雨の影響で粘土瓦溶け劣化が進むことがあります。

時々、100年もっている瓦屋根の古民家などがありますが、瓦の下にある土などが劣化して
土の接着機能が弱まってしまい、瓦にズレが生じてしまうケースも多いです。
そのため、長い間メンテナンスを行っていない瓦屋根から雨漏りしてしまった場合、全面葺き替えをしなければいけません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ