築10年程度の見かけは新築の雨漏り修理

屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

今回雨漏り修理を行ったのは、築10年の新築住宅です。
外観からすると、新築で雨漏りの気配は全くないように思えます。
しかし、実際に雨漏りが起きているというのです。

残念なことに、この住宅の建設中に担当していた工務店が潰れてしまい、途中から業者が変わってしまいました。
その影響は、不自然な施工に表れていました。

私たち雨漏りのお医者さんに依頼が来るまでに、依頼人は二つの業者に修理を頼みましたが、結局雨漏りは止まりませんでした。
また、雨漏りをしていないかを確認するために、依頼人自身も点検孔を覗いたりしていて、かなりストレスの多い日々を送っていたようです。

原因を特定するために、バルコニーを調査してみたところ、窓の下の部分がコーキング(防水)されていませんでした。しかし、それでも雨漏りは止まりませんでした。
再度調査してみたところ、窓のサッシ(窓枠)が雨漏りの原因と特定することができました。
新築でサッシが悪いというのは稀のケースで、原因を突き止めるまで少々時間が掛かってしまいました。

今回の雨漏り修理では、雨漏りが想像以上の精神的ダメージを人に与えることが再確認できました。どれだけ依頼人の気持ちをわかってあげるかが雨漏り修理を行う上で、とても重要なことだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ