確実に直してくれる雨漏り修理業者の選び方

雨漏り修理というのは、雨漏りが止まらないと意味が無いですよね。

しかし、雨漏り修理をする、と言って修理をしたものの雨漏りが止まらない場合も多々あります。
そういった時に私たちへ問合せをいただくのですが、
そんなことにならないように、今日は、確実に直してくれる雨漏り修理業者の選び方をお伝えします。

ちなみに、人間性が良いというのは、確実に直してくれるというのとはまったくつながりません。
人間性が良いと、たとえ 雨漏りが止まらなくても何度も来て直してくれるかもしれませんが、だからといって必ず雨漏りが止まるという保証はないのです。

ですから、まずは、

1.ある程度以上の技術、知識を持っているという保証がある、資格・実績をもった業者を選ぶことが大切です。

もちろん資格など持っていなくてもきちんとした技術・知識がある業者はいますが、可能性が低いです。
一般の人にとって、技術や知識を見極めることは難しいということから、やはり資格や実績を大きな指標とすることをオススメしたいと思います。

2.わからないことは、納得がいくまで質問しまくりましょう。

そして、さらに技術や知識を見極めるために、見積もりに来てもらった時に、質問を納得がいくまで質問しまくって下さい。
そこで何を見ていただきたいのかというと、質問に対して、すぐに的確な返事ができるかどうかというところを見ていただきたいのです。

本当に知識と実績がある業者であれば、いくら質問をしてもきちんと答えてくれるはずです。
ただ、たいていの業者は専門的な事になればなるほど専門用語を使う場合が多いので、そこも突っ込んでみましょう。
そういった質問に、的確、スムーズ、かつ丁寧にきちんと答えてくれる業者をオススメしたいと思います。

さて、その次に見積もりや工事プランですね。

3.何通りかの見積もりを出してくれるところを選びましょう。

ものすごく簡単な工事の場合を除き、雨漏りの修理は、たいてい一通りではなく、何通りかの修理方法がある場合が多いです。
また、その人が今後その家をどのように使っていきたいのか等々、いろいろと考えた上でプランを作成すると、予算に合わせるものと、住み方に合わせるものと、そして家を長持ちさせるためのもの、といろんなプランがあるはずなのです。
それらを幾つか提示して、説明した上で、本人に選んでもらう、というようなプランを提示してくれるところを選びましょう。

4.価格ではなく、内容を目安に選びましょう。

雨漏り修理は、いろいろな直し方ができます。方法が違えば価格は違いますし、材料が違っても価格は違います。
また、丁寧な仕事をする場合には、時間もかかることがあります。
例えば塗装で考えれば、材料の種類によって値段が違いますし、それを薄めて塗ってもパッと見は変わりません。
さらに1度しか塗らないのか、2度塗るのか、によっても違います。

ということで、例えば相見積もりをする場合には、価格だけでなく、前にお伝えしたような項目を踏まえた上で、内容を十分に説明してもらった上で選ぶことが大切です。

5.最後は人間性で選びましょう。

そして最後が人間性です。
直すのは人間ですし、雨漏りというのは必ずしも一箇所だけが原因ということはありません。
間違いもあれば、不具合が起こることもあります。そういった場合にどのような対応をしてくれるのか、というのはやはり人間性が物を言います。
ということで、最後は人間性で選んで下さい。

確実に直してくれる業者を選びたいという場合には、以上5点を確認し、良い業者を選んで下さい。

屋根雨漏りのお医者さん本部
亀岡亮介

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ