瓦の割れ、ずれによる雨漏り

築30年、瓦葺きのお宅です。
こちらのお宅は、築30年ということもあり、防水紙の劣化がありました。
ですが、それよりも根本となるセメント瓦の劣化による漏水が多かったです。

通常は、見た目が悪かったとしても、瓦の上から防水紙を貼るのが、値段としても安価に収まるのですが、見た目も大事にしたいという依頼主様のご要望にお応えして、一度全ての瓦を剥がしました。
防水紙を貼り直し、再度、瓦を戻して、棟も全て変え、抗菌にしました。
そうすることにより、工事を行う前と後でも、見た目がほぼ変わらない状態にすることができました。
値段は上がりますが、見た目を重視するという点においても、満足していただけたのでは無いかと思います。

屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ