珍しい雨漏り! これはないだろう、という雨漏り!

ちょっと珍しい雨漏りをご紹介します。

やはり、天井裏の雨漏りの原因としてハクビシンのおしっこなんていうのは結構あります。

ハクビシンによる雨漏り

それから、キツツキによる雨漏りもあります。
キツツキが穴を空けてしまって、そこから横殴りの雨が入り込んで……というようなこともあります。

ネズミが原因というのもありますね。
モモンガが屋根裏に住み着く場合もあります。

それから、一番つらいなあ、と思ったのは、これです。

https://www.youtube.com/watch?v=Y_D-xYLWSog

これは、長野県担当の横沢に相談があった事例です。
中古の別荘を買われる際に、雨漏りがあるので、雨漏りをなおしてから引き渡す、
ということで、別荘を買われたそうです。

買ってから1ヶ月の間は、何かあれば保証する、ということだったのですが、
雨漏りが発覚したのが、購入してから半年後。

天井裏に横沢が入ってみると、
天井裏に入った水をビニールで受けて、そこにホースを付けてあり、
落ちた水を壁の外の方に流すようにしてありました。

ということは、雨漏りをきちんとなおしてあるわけではなく、
あくまで、応急処置で、中古住宅を売った!というふうに感じます。

売り逃げですね。

買ってから半年経っていましたので、
購入された方は泣く泣く、自費で修理するしかありませんでした。

こんなこともありますので、
中古住宅を購入する場合には、きちんと確認をして購入するようにしてくださいね。

----------------------------
屋根雨漏りのお医者さん本部
亀岡亮介

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ