火災保険を使った雨漏り修理の事例

屋根雨漏りのお医者さん 
長崎地区担当 →折式田信寛(おりしきだ のぶひろ)

今回、雨漏り修理を行ったのは鉄筋コンクリート住宅です。
調査してみたところ、外壁の亀裂から雨が入り、雨漏りを起こしていました。
今回は外壁から雨漏りを起こしていましたが、鉄筋コンクリート住宅で雨漏りを防ぐために意識して確認する部分は、窓周りや屋上です。
ちなみに鉄筋コンクリート住宅の寿命は50年とされています。しかし、20年に一度ほど定期的なメンテナンスを行うべきだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ