屋根の形状が原因で雨漏り

屋根雨漏りのお医者さん 
大分地区担当 →松下賢士(まつした けんし)

今回雨漏り修理を行った部分は瓦棒屋根です。
この瓦棒の問題は、中心部分に凹みができ勾配も全くないことにより、雨が下に流れず雨漏りを起こしていたことです。

雨漏りを止めるために、雨が流れる角度にする必要があったので瓦棒を取り外しました。
そして、雨が流れる角度をとり、その上に防水紙と防水テープを施し、ガルバリウム鋼板の瓦棒を取り付けました。
無事、雨漏りの修理に成功し、お客様にも大変満足して頂けました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ