屋根の勾配に問題あり 設計ミス

屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

今回、雨漏り修理を行ったのは、築20年の借家です。
こちらの住宅は、屋根の勾配が途中から緩くなる構造になっていました。

その為、勾配の変わり目に雨が長い間溜まっていたことが、瓦を剥いでわかりました。下地もかなりダメージを受けていることも同時にわかりました。
正直なところ、この屋根は設計上のミスだと思います。
なので、雨漏りを最近から始めったことではなく、新築時から少しずつ雨漏りしていたことになります。

やはり、この住宅の屋根の問題は、屋根の勾配が途中で変わることでした。
雨漏りを起こさないようにするために、12mmの板、防水紙そして勾配に強いガルバリウム鋼板を葺けました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ