台風で屋根が剥がれ火災保険で修理

屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

今回、雨漏り修理を行ったのは築20年の二階建て住宅です。
台風の影響で瓦が剥がれてしまい、その部分から雨漏りが発生してしました。
しかし、実際に雨漏りをしている部分の内側を見たところ、だいぶ前から雨漏りしていたことがわかりました。
雨漏りを止めるために
下地を全て剝ぎ、瓦を付け直し、外観は元の状態と全く変わらないように戻しました。
ちなみに、この住宅の雨漏り修理には火災保険が適用されました。
火災保険は、台風などの自然災害による雨漏りのみ適用され
老朽化による雨漏りには適用されませんので、注意してくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ