古いお宅の雨漏りを安価で施工

築40年以上のお宅から雨漏りに関するお問い合わせを頂きました。
こちらのお宅は、瓦が土の入っている重たいものであり、最初の段階では、どこから雨が漏れているのかを限定することができませんでした。
土が入っていることにより、掘ってもどこが起点となっているのかわかりません。

通常は、履き替えをお勧めするのですが、今回、ご依頼を頂いたお宅は借家。
修理代は、オーナーさんがもつのではなく、依頼主さまご自身とお聞きし、防水紙を上から貼るという安価な方法で施工することになりました。

見かけどうこうよりも、これから長く住んでいくために雨漏りをしないことが第一条件という方には、こちらの方法が一番適していると思います。

屋根雨漏りのお医者さん 
北九州市担当 →高島昌信(たかしま まさのぶ)

サブコンテンツ

このページの先頭へ