下地をやり直し

屋根雨漏りのお医者さん 
長崎地区担当 →折式田信寛(おりしきだ のぶひろ)

今回雨漏り修理を行ったのは、築50年の瓦屋根の住宅です。

雨漏りの影響で、屋根の下地がひどく傷んでいました。
雨漏りを止めるため、下地を剥ぎ取り、新たな下地を敷き金属屋根に変えました。

シロアリも湧いているほど雨漏りが進んでいました。

瓦屋根は江戸時代から存在している屋根材で、本来であれば100年以上もつ屋根剤とされています。
しかし、定期的なメンテナンスを怠ると、今回のケースのように寿命が縮まってしまいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ