コーキングの劣化による雨漏り

これは築18年の物件の写真です。塗り替えのやり方が悪かったのか、下地の部分を踏むと写真のように跡が付き、ぶかぶかだったので屋根の吹き替えということになりました。

予想どうり、屋根をはがしたところ下の板もぼろぼろでした。このような状態になるのは相当な時間がかかったと思います。

これに対処するためには、初めに木材をはがしてまずこの裏の断熱材に異常がないかを調べました。思ったとおり足りなかったので断熱材として板を足しました。加えて新品のに交換した部分もありました。

18年たってたので断熱効果が少なくなっておりましたので張った全体的にやる方法で。このようになった。お客さんも喜んでくれた。

インタビュアーからの質問:コーキングがぼろぼろかどうかは素人でも見極めはどうできるの?
ボールペンでつついたときにぼろぼろになるかどうかで変えるべきかどうかわかります。パラパラになってしまったらコーキングの効果がないということです。

屋根雨漏りのお医者さん 
道央地区担当 →合掌正志(がっしょう まさし)

サブコンテンツ

このページの先頭へ