きつい勾配の屋根

屋根雨漏りのお医者さん 
長崎地区担当 →折式田信寛(おりしきだ のぶひろ)

今回雨漏り修理を行ったのは、急な勾配の屋根の住宅です。

天井に登ったところ、明かり取り窓周辺の水切りが痛んでいることがわかりました。
水切りは、雨を屋根から逃がすための部分です。

この部分のコーキングが切れたり痛んだりすると、10年以内には必ず雨漏りが発生してしまうくらい屋根の急所と言うことができます。

本来であれば、急な勾配をしている屋根は雨が流れやすいとされています。しかし、このように水切りが痛んでいると、その勾配も活かされなくなってしまいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ